大阪で残業代請求する場合の費用相場

残業代請求の場合、大阪の弁護士により異なるが、相談料、着手金は無料が多く、依頼終了時に決まった金額に加え成功報酬を支払います。

残業代請求に関するよくある質問

タイミングはいつがよいか

大阪で残業代請求するなら可能であれば退職する前に弁護士に相談することをおすすめします。早いほど対処しやすくなります。

退職後でも可能でしょうか

大阪で断行大請求する場合、退職後であっても残業代を請求できます。請求権が発生してから遡って2年分の請求が可能です。

手元に証拠がないケースでは

可能な限り早い段階で弁護士に相談しましょう。退職前であれば残業の事実に関する証拠集めがやりやすい等の事情があります。

サービス残業が多く残業代を請求したい

残業代の請求は法律で認められていますので、証拠を集めておきましょう。2年の時効に注意してください。

残業代を請求できる金額はどれくらい

ケースバイケースで取り戻せる残業代の金額が異なってきますので、まずは弁護士に相談してください。

適切な金額を求めるならプロに頼む

男女

『残業代を支払ってもらえない』と不満を持っていて、どうにかしたいなら、自ら行動しなければ解決はしません。給料を払う側の気が突然変わって、残業代を支払ってくれるようになる可能性は限りなくゼロに近いです。しかし、自ら行動するといっても、直談判するのはまったくおすすめしないので気をつけましょう。適当に言い逃れされる可能性もありますし、本来もらうべきだった金額よりもずっと低い残業代の支払いで終わるかもしれません。大阪には残業代を会社から勝ち取ってくれるプロの弁護士がいるので、行動を起こしたいなら、そちらに依頼することを考えましょう。弁護士に対して言い逃れや安い金額の提示は通じないため、適切な残業代を手にできます。

成功報酬や着手金を知っておこう

男性弁護士

大阪の弁護士に残業代を請求してもらい、無事に成功した場合は報酬を支払うことになります。勝ち取った金額が多ければ多いほど支払う費用が高くなるので、その点を知っておきましょう。もちろん、成功報酬がどのくらいになるのかは(基本的には設定されたパーセンテージで支払う)、契約をする前にハッキリと教えてもらうことができます。ちなみに、弁護士によっては着手金が必要で、仕事が終わってからではなく依頼した時点で費用が発生するケースもあるので気をつけましょう。

必要な証拠をしっかりと教えてくれる

法律書

優秀な大阪の弁護士に残業代を請求してもらうとき、残業をしたという証拠が必要になります。どのようなものが証拠になるのかは、相談をしたときに弁護士が教えてくれるので、事前に調べておく必要はありません。必要な証拠を聞いて集められることが分かってから弁護士に依頼すれば、『弁護士費用を支払ったのに残業代を得られなかった』という事態を避けられます。最近では無料相談を行っているところもあるので、そちらで必要な証拠を聞くことから始めるのも良いでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中